カキで水質浄化実験はじまる。

読売新聞

東京都

TBS Newsi(動画)

お台場海浜公園の海に宮城県産のカキ4万個を水中につるし、カキの排せつ物を摂取するナマコを放流し、海底には光合成で酸素を生むアマモなどの植物を植え付け、魚が住み着く環境も作り出すそうだ。

ひっそりと浄化決行中

ナマコか〜。打ち上がらないことを願って。

アマモは以前から港陽小学校で海苔の養殖と同じぐらい力を入れている環境教育の一環です。

機械のポンプで汲み上げてキレイにして海に返す水質清浄化(?)実験は終了したのかな、、、?

水上のパトカー

朝の見回り?お台場界隈の管轄の警察署は東京水上警察署。更にお台場は海に面しております。ですので海の安全を守っているのが水上警察の船です。

水上警察署の沿革によれば明治12年に発足。 警視庁が警察署の名称を最初に使ったのが東京水上警察署だったらしい。全国の警察に「水上警察署」と名の付く警察署は、東京水上警察署横浜水上警察署大阪水上警察署神戸水上警察署北九州水上警察署名古屋水上警察署の6署しか無いようです。


実際は対岸の品川にあるのでそうそう行くことが出来ないのでお台場海浜公園駅前の派出所が重要な警察です。よろしくお願いします。

プロジェクトA デジタル・リマスター版香港も海が多いので水上警察署があって、それをテーマにしたのがジャッキーチェンのプロジェクトA。

 

関連リンク
東京水上警察署

夏も近し、水質清浄化も三年目

お台場海浜公園の水質清浄化(?)実験のシンボル的な水遊び場がきれいに清掃中。東京湾の海水を一度汲み上げ、きれいにした後海に戻しています。

もう三年目?すっかりお台場の夏の風物詩となってきた感じです。子供たちの遊び場です。
毎年恒例になってきた水遊び場

フジテレビの踊るで注目される「ロケ地お台場」

お台場はそのロケーションから数々のTV、映画の撮影場所に使われる。フジテレビの踊る大走査線でその知名度は急上昇。

サンセットビーチ

撮影しやすい大きな公園がある、ショッピングセンターもある。
ビルやホテルもある。
もちろんレインボーブリッジをバックにした砂浜もある。

オールマイティーなロケ地だ。空が広く無駄なものが移らない等撮影する方にもおおいにうれしい。欠点は風が強いことかな。

だからプロアマ問わずにカメラマンがやってくる。

昔、有明スポーツセンターに行ったらデカレンジャーの撮影してたなあ。デカイエローなんか二人もいてビックらこいた。

使用料ってのが以外に高いんだよなあ。

参考ウェブサイト
全国ロケ地ガイド
ドラマロケ地案内